in

働いてた働いてた ヤバかったヤバかった ブラック企業ブラック企業

有限会社ウィッツコーポレーション(東京都)

地図

ホームページ

https://wits-corp.com/company/

会社情報

業務

  • 国内、海外輸入雑貨、
  • コスメティック
  • 食品
  • 音楽、
  • スポーツの企画
  • 販売、卸業

経営理念・企業理念

WIT’S CORPORATION(ウィッツコーポレーション)は東京にて総合商社として設立しました。

私たちは、消費者の皆様が満足できる品質と価格に日々、挑戦しております。
設立以来、消費者のニーズにあった商品を数多く提供できること目標に 日々歩み続けてきました。

圧倒的なマーケティング力と独自のルート開拓により、
中間コスト削減、低価格の商品提案と提供を実現しています。

2003年の設立以来、消費者のニーズにあった商品を数多く提供することを目標に日々歩み続けてきました。
独自買付によるコストダウンで売上も順調に伸びております。

WIT(ユーモア)のある環境を作りたい!
ウィッツコーポレーションはそんなコンセプトを持った会社です。

17 件のコメント

返信する
  1. のりさん、一見優しそうだけど稼げない奴には冷たいよね、なんか胡散臭くて生理的に受け付けなかった。

  2. 本当に申し訳ないけど、ここで働く=人付き合いを捨てて金を稼ぐだから、
    もうその友人とは良い人間関係を維持するのは困難かと
    アドバイスをネガティヴと言い放つ時点でお察し

  3. いつになったらみんな目が覚める日が来るのでしょうね…
    うまいこと使われて終わりなのに。
    皆さん早く気づいて下さい。目を覚ましてください。お願いします。

  4. ■セット

    6人対6人(キーパーを含む)でゲームは行われる。が、しかしチームは6人ではなくもっといる。
    キーパー、ライトディフェンス、レフトディフェンス、ライトウイング、センターフォワード、レフトウイング。
    ディフェンス2人とフォワード3人が一組になってプレーする。これをセットと呼んでいる。
    第1セット、第2セットというように呼ぶ。通常セット毎に交代しながら試合が進められる。
    自分の子がすぐに交代させられるといって怒ってはいけない。
    リンクを一往復するだけでも、とても体力を使う。交代選手がいなければ、あなたの息子はホッケーを続けたがらないだろう。

    ■キーパー

    キーパーは氷上には一人しか置くことはできないが、チームには2人出場できる。
    キーパーは中断中だけ交代ができる。他の競技者が代用する事もできるが、キーパーとしての特権はない。
    リンクで自分の息子をずっと見ていたかったらキーパーにすることだろう。
    ちなみにキーパーはゴーリーとも呼ばれ、カナダなどでは人気のポジションだそうだ。

    ■主将

    チームには1人の主将(キャプテン)と2人以下の副将(副キャプテン)が必要だ。
    主将だけが、レフェリーに質問できるので責任重大だ。
    正しい日本語がしゃべれないといけない。しどろもどろでは、チームがバカにされる。
    主将はCマーク。副将はAマークをつける。Cマークはがれたら、たとえ本当の主将でも質問は許されなくなる。
    ちなみにAはアシスタントではなくオルタネートの頭文字。
    キーパーは主将、副将を兼任できない。

  5. リンク
    最大で長さ61m、幅30m、最小で長さ56m、幅26m。コーナーの半径は7~ 8.5m。
    高さ1.20m以上1.22m以下のフェンスで囲まれる。
    ブルーラインによって防御氷域(ディフェンディングゾーン)・中央氷域(ニュートラルゾーン)・攻撃氷域(アタッキングゾーン)に分けられ、リンク中央に半径4.5mのサークルがあり、ここで試合開始(フェー スオフ)が行われる。

    得点
    スティックを使ってパックをゴールに入れると1点。
    a)自殺点はどんな場合でも1点(投げ入れようがなんだろうが。そんな奴はいないが…)。
    b)蹴ったり、投げ入れたりしてゴールにはいっても駄目。
    c)スケートで蹴り入れて、他のプレイヤーやキーパーに当たって入った場合得点にならない。
    d)攻撃側プレイヤーが打ったパックが味方側のプレイヤーに当たって入った場合も得点。

    ■スティック

    公認の物。木製が主流だが、それ以外のものもある。
    シャフト長は152cm(太さ幅3cm・厚さ2.5cm)・ブレード長は32cm(幅5~7.5cm)以内。
    そのほかにも細かく設定されている。
    長さは各自身長に合わせて切って使う。
    基準はスケートを履いてあごの高さ。
    ブレードはライトハンド、レフトハンドにあわせ、彎曲しているがその程度も決められている。

    ■ スケート 靴

    公認されたデザインのもの。
    たとえ、フィギュアが得意でも、フィギュアの靴ではプレイできない。
    もちろんスピードもダメ。長靴も同じようにダメ。

    ■ パック

    直径7.62cm厚さ2.54cm、重さ156~170g。
    色は黒。
    硬化ゴム性。ゴムとはいっても、とても固い。
    持って見ると以外に軽く感じるが、実際にうってみると想像以上に重いもの。
    当たると痛い。

    ■ 防具
    ショルダー(プロテクター)、エルボー、ヘットギア(ヘルメット)、レガード、グローブ、パンツ、バイク(キンカップ)、など。ヘットギアは試合中はあご紐を絞めて着用義務。

  6. タクシーAI配車アプリ「DiDi」でタクシー1,000円分クーポンGET
    ※ページより携帯電話番号をご入力ください。https://d.didiglobal.com/iZinmcH?shareChannel=inviteCode

愚痴・コメントを残す

※名前とメッセージだけでコメントを残すことができます!(メールアドレス不要)

Written by ゲスト

合同会社Podiron(新潟県)

有限会社ルーツ(東京都)